2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバイバル社・1/20アウトウニオンtipoCを作る その3



さてさて、今回は計器パネルについて。
このキットの場合
板状のパーツに申し訳程度の
丸と四角の凸モールドがあって
「そこにデカール貼ってメーターな!」
という始末
72の飛行機ならともかく
1/20の車で、しかも運転席丸見えですよ?
これは手を入れねば。

まずは凸モールドを削り落としますが
最初にメーターになる部分を開口しておきます。
位置が分からなくならないようにね!
ついでにパーツ表面が荒れていたので
平らに整えました。
そして、裏にプラ板を貼って
抜け落ちないようにしつつ
円形のディテールアップパーツを取り付けたのがこちら



今回はこんな感じで!




スポンサーサイト

リバイバル社・1/20アウトウニオンtipoCを作る その2



だいぶ間が空いてしまいましたが、やめたわけではありませんよ
という訳で続きを。

このキットには、いい感じのエンジンが入っていますが
所々実車と違います。
さらに致命的な欠点は、運転席のシフトとトランスミッションを繋ぐための
シャフトを繋げる事が出来ません。
物理的に通らないです。



ダメ押しなのがこちら
ボンネット?が合いません。
どうやっても隙間が開くか、段差が出ます。

さて。

エンジンを見えるようにするのは諦めたら、気持ちが恐ろしく軽くなりますね。
お陰でそこからスルスルと作業が進むこと進むこと・・・



リバイバル社・1/20アウトウニオンtipoCを作る



元はイタリアで現在はドイツにて生産されているという
リバイバル社の1/20アウトウニオンtipoCでございます。

一部を除いてダイキャストとホワイトメタルの部品で構成されている
中々の強敵。



まずはエンジンとトランスミッションから。
左右で豪快なモナカ割りですが
当然簡単に合うわけがありませんね。
軽い反りがあったので、軽く叩いて修整します。

続いて合わせてみるとパーツの角が甘いせいで合わせ目が微妙に凹みになっている。
(ガンプラのヒザ辺りのエアインテークとか、飛行機の脚庫みたいな)
そこは貼り合わせる際にエポキシ接着剤をはみ出す位塗って
それでもダメな箇所は瞬間接着剤で。



合わせ目の処理が出来たら、他の部品を貼りつけていきます。
基本的には瞬間接着剤で。

ここで1ヶ所ネジ止め指示がありますが
受け口側は、ほんの少し穴を広げてやると
楽にネジ止めできましたよ。

という訳で、まだまだ続く・・・

«  | ホーム |  »

プロフィール

遊撃手 イシカワ

Author:遊撃手 イシカワ
野球と模型が無い人生なんて

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

マシーネン (102)
飛行機 (44)
模型 (35)
野球 (35)
今週気づいたこと (83)
未分類 (698)
食 (3)
物資補給 (0)
特撮 (10)
リバイバル1/20 (3)

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。